The Rolling Stones




今回は、ローリング・ストーンズ。

余りにも歴史が長く、発表作品が多いため、ギタリストで分けて紹介。
1.ブライアン・ジョーンズ在籍時
2.ミック・テイラー在籍時
3.ロン・ウッド〜現在


The Rolling Stones In the Beginning: With unseen images (English Edition)




BRIAN JONES Le Rolling Stone d・chu (French Edition)





1.ブライアン・ジョーンズ在籍時

ブライアン・ジョーンズがいた60年代の話。1962年に結成した話は、前回キース・リチャーズの際に書いたので省略します。
当時ブライアン・ジョーンズがリーダーでした。
写真でも、金髪で一番ルックスも良いですし、演奏力や楽器の才能、アレンジャーとしてもピカいち・・。

一説ではギター以外にもハーモニカ、ピアノ、シタール、ダルシマー、メロトロン、マリンバ、リコーダー、クラリネット等の20種類以上の楽器を演奏できるマルチプレイヤーだったとされています。

多分、もう少し長生きしていたら、シンセサイザーで曲作りしていい曲残したかもしれないですね(=゚ω゚)ノ

但し、ドラッグで荒れていたことや、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、マネージャーのアンドリュー・オールダムに嵌められて?バンド内の権力抗争に負けたかどうかは定かではありませんが、彼女は盗られるは、リーダーの座を追われストーンズを脱退。

そして「プールでの怪死」と立て続けに悲劇が起こります。

こんな書き方をすると、ミックやキースが悪者のように見えるので、フォローをすると・・演奏力はあるが、作曲が得意ではないブラアンに変わって段々とジャガー・リチャーズのコンビが力をつけてバンドの中心となっていったという事でしょう。

多分、曲のアレンジとか才能あったし、作曲より演奏に興味があって、作曲はもう少し時間が掛かったのかもしれないですね(=゚ω゚)ノ

しかし・・1967年発表の「ルビー・チューズデイ」がブライアンによる作曲であったことがキースやビルの口から語られていることを考えると少々複雑な心境にもなりますが・・

in the 60’s コレクターズ・ボックス(初回限定生産)




イギリスでは、デビューアルバムから12週連続No.1と、ビートルズの対抗馬として売れ始めます。

親からも好かれるビートルズに対して、不良として差別化したイメージで売り始めるのは、成功しましたが・・

60年代から、ドラッグの問題で逮捕されるなど、現実的にも問題が起きるようになります。
とはいえ、60年代を通して、ミックとキースの作曲能力が段々とレベルアップし、60年代後半からロックの名盤をされるアルバムを次々と発表していったことは言うまでもありません。

The Rolling Stones




The Rolling Stones No. 2






Out Of Our Heads (UK)




Rolling Stones Now






Aftermath (UK Version)




Their Satanic Majesties Request





サタニック〜は、ビートルズのサージェント・ペパーズ〜に対抗して作られた作品とされており、ジャケットの雰囲気も非常に似通っていて・・かなり賛否両論のあった作品ですが、「2000光年のかなたに」等の名曲も含まれていることや、ブライアン・ジョーンズのアレンジ面での才能がかいま見られる作品。

Beggars Banquet




ザ・ローリング・ストーンズ ロックン・ロール・サーカス<リミテッド・デラックス・エディション> [Blu-ray]






2.ミック・テイラー在籍時

imagesrsmt.jpg

ミック・テイラー在籍時の話です。

伝説のバンドであるブルース・ブレイカ―ズのジョン・メイオールからミック・ジャガーがブライアン・ジョーンズの後釜として紹介を受けたのが、ブルース・ブレイカ―ズに在籍していたミック・テイラー。

まさに、彼がリード・ギタリストとしていた時代はローリング・ストーンズの黄金期といえる時期で、彼が関わっていた頃の代表曲を並べて見ると・・・

・ギミ―・シェルター(丁度、ブライアンと入れ替わりの頃)
・ブラウン・シュガー
・ダイスを頃がせ
・ハッピー
・ダンシング・ウィズ・ミスターD
・哀しみのアンジー
・イッツ・オンリー・ロックン・ロール

アルバムも圧倒的に充実している。凄い作品ばかりです。

・レット・イット・ブリード (1969)
・ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト(1970)
・スティッキー・フィンガーズ (1971)
・メイン・ストリートのならず者 (1972)
・山羊の頭のスープ (1973)
・イッツ・オンリー・ロックン・ロール (1974)

最も、ミック・ジャガーとキース・リチャーズの作曲が充実していた時期とも言えますが、ミック・テイラーの流暢なリード・ギターも欠かせません。スティッキー・フィンガーズのジッパー付きのアルバムのアイディアにはやられました!


Let It Bleed




ユー・ガッタ・ムーヴ(ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!)






Sticky Fingers (Remastered)




Exile On Main Street (Deluxe Edition)






Goats Head Soup (Remastered 2009)




It's Only Rock 'N' Roll (2009 Re-Mastered)






untitledrs.bmp


3.ロン・ウッド〜現在

そもそもは、ミック・テイラーの後釜探しで、数名の大物ギタリストが候補となったと。なんと・・ジェフ・ベックにコンタクトを取ったところロン・ウッドを推薦された・・・という逸話も。

ロン・ウッドはフェイセズに在籍したままサポートメンバーとしてローリング・ストーンズに1975年に加入します。
その後・・正式メンバーになったのは、なんと1993年でした。

・ブラック・アンド・ブルー (1976)
・女たち (1978)
・エモーショナル・レスキュー (1980)
・刺青の男 (1981)
・アンダーカヴァー (1983)
・ダーティ・ワーク (1986)
・スティール・ホイールズ (1989)
・ヴードゥー・ラウンジ (1994)
・ブリッジズ・トゥ・バビロン (1997)
・ア・ビガー・バン (2005)

ロン・ウッドが加入してからもヒット曲はたくさんありますが、代表的なものはこんな感じですかね。
私が、一番好きなのは「スタート・ミー・アップ」です。イントロ部分のギター・リフが最高ですね。

・Emotional Rescue
・Undercover Of The Night


Black And Blue (Remastered 2009)




Some Girls






Tattoo You (2009 Re-Mastered)




Undercover (2009 Re-Mastered)






Dirty Work (Remastered 2009)




Steel Wheels (Remastered 2009)






Bridges To Babylon (Remastered)




フォーティー・リックス






フォー・フリックス (4枚組 DVD-BOX)




ライヴ・リックス






ア・ビガー・バン スペシャル・エディション (限定盤DVD付) (CCCD)




ザ・ビッゲスト・バン(初回生産限定版) [DVD]






ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ドキュメンタリー/クロスファイアー・ハリケーン 【初回数量限定生産5,000セット/Blu-ray オリジナル公式Tシャツ(ブラック)/日本語字幕付】




リヴィング・イン・ア・ゴーストタウン





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■Keith Richards




キース・リチャーズは、いわゆる天才肌の人で、ギターのリフ一発で曲を強烈に印象付けることができるレアなギタリスト。

キースのギターは何というかグルーブ感、間の取り方、耳に残るギターリフが最高なんですよね。

所謂、60年代から活躍しているとはいえ、3大ギタリストではないし、ジミヘンの様なギターを全面に押し出したパフォーマンスとも違う・・・
しかし、実際はそのギターの影響力たるや・・・ジミーペイジやジミヘンにも負けていないでしょう。

Rockファンでない方で曲名は知らなくとも「ブラウンシュガー」や「サティスファクション」「ギミーシェルター」「シャタード」等のギターリフはみんな知っている、、かどこかで聞いた事があるような、、

1943年イギリスに生まれ、1962年にブライアン・ジョーンズ、ミック・ジャガー等と共にローリン・ストーンズを結成。
1963年にレコード・デビュー以降に「g」がついてローリング・ストーンズとなったという余談があります。

それ以降ソロ活動や映画出演を挟みながらも、現在もローリング・ストーンズのギタリストとして活躍しています。約半世紀たってるんですね。

彼には、ホンマかいな?!と思う様々な、伝説や推測話?があったりします。
今はいぶし銀的な感じですが、特に若いころは・・・人相が・・かつ死にそうな程やせている・・
辺りのイメージから生まれた話かも・・・

・麻薬で何度か死にかけた
・血を全部入れ替えた
・ブライアン・ジョーンズをプールに突き落とした
・父の遺灰をコカインに混ぜて吸いこんだ
ま〜、実際に逮捕されていたりするので、一部は本当で彼のイメージから広がる妄想が、輪をかけて伝説になっているのでしょうね。

そんな彼の自伝

ライフ




ソロ作品自体は、ローリング・ストーンズに使えばよかったのに・・
と当初思ってしまいましたが、キース・リーチャ―ズの歌も・・燻銀的な良さがあります。
70年代前半の頃までのライブでは、「ハッピー」を歌っており、もっと声が甲高かったのですが年を取って声が変わったか??歌い方を変えたか・・両方ですかね。

Run Rudolph Run




Talk Is Cheap (Black Vinyl) [Analog]






Main Offender




Live at the Hollywood Palladium 88





「Keith Richards' Jukebox」このアルバムは、キースに影響を与えてきたチャック・ベリー、リトル・リチャード等曲が入ったものです。

Vintage Vinos




Keith Richards' Jukebox






Chicago 1992




Boston 1993






CROSSEYED HEART




Chuck Berry: Hail! Hail! Rock 'n' Roll [Blu-ray]





Chuck Berry: Hail! Hail! Rock 'n' Roll
主役はチャック・ベリーなのですが、キース・リチャーズがチャック・ベリーから文句を言われる珍しいシーンなど・・貴重(笑)

後、最近では映画パイレーツ・オブ・カリビアンへの出演も話題になりました。ジョニー・デップの海賊のイメージはキース・リチャーズを参考にしていたという話がありますね。(どちらかといえば、アンディ・マッコイに似てるような気もしますが・・)
ジャック・スパロウの父親役ティーグ船長は、風格があって非常にハマっていました。



■関連映像





■関連書籍

キース・リチャーズ?トーク・イズ・チープ
























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■Mick Jagger

imagesmj.jpg

今回は、ミック・ジャガー。

本名はマイケル・フィリップ・ジャガー1943年7月26日生まれ、2003年にナイトになっているので、ミック・ジャガー卿ですかね。

ちなみに、ミック・ジャガーはキャリア50年目にしてローリング・ストーンズとは別バンド「スーパーヘヴィ」を結成。
アルバム「スーパーヘヴィ」を2011年9月21日にリリース!

メンバーは、ジャガー以外はデイヴ・ステュアート(元ユーリズミックス)、ジョス・ストーン、ダミアン・マーリー、A.R.ラフマーンという個性的な顔ぶれですね。

非常にモダンで魅力的なサウンドが展開されています。また 「ネヴァー・ゴナ・チェンジ」は、ストーンズのバラードを思わせますが、なかなかの名曲。

スーパーヘヴィ




ミュージシャン歴は非常に長く、1980年代前半までは映画には出演したりしていますが、こと音楽にかんしては・・ソロアルバムは案外少なかったりします。

1960年代から活躍しているミックですが、初のソロ・アルバムは1985年のビル・ラズウェルとナイル・ロジャースのプロデュースにより制作された「シーズ・ザ・ボス」でした。

初のソロということで話題性もあり、イギリス、アメリカでヒットしました。

シーズ・ザ・ボス(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)




また同年、デヴィッド・ボウイとデュエットしたシングル「ダンシング・イン・ザ・ストリート」し話題を呼びます。
ローリング・ストーンズで見せる・・あの個性的な動き??

以降も、ソロ作品を発表していきます。
・プリミティブ・クール(1987年)
・ワンダーリング・スピリット(1993年)
・ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ(2001年)
・ヴェリー・ベスト・オブ・ミック・ジャガー(2007年)

プリミティヴ・クール(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)




ワンダーリング・スピリット(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)






ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)




ヴェリー・ベスト・オブ・ミック・ジャガー【限定デラックス・エディション】





■関連映像

ミック・ジャガー: BEING MICK メイキング・オブ・「ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ」&「エニグマ」 [DVD]




ザ・ローリング・ストーンズ ‐ スィート・サマー・サン:ハイドパーク・ライブ






ザ・ローリング・ストーンズ - フロム・ザ・ボールトLA.フォーラム 1975




ザ・ローリング・ストーンズ - レディーズ・アンド・ジェントルメン






Rolling Stones: Rock of Ages




ローリング・ストーンズ:ロックの王者






12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ




マディー・ウォーターズ and ローリングストーンズ - ライブ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ、シカゴ 1981年






ローリング・ストーンズ:ストーリー&ソングス




EPISODE 2






スティール・ホイールズ・ライヴ(通常盤)[DVD]




ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン 1995(SHM-CD2枚付) [Blu-ray]






ザ・ローリング・ストーンズ ロックン・ロール・サーカス<リミテッド・デラックス・エディション> [Blu-ray]




ザ・ローリング・ストーンズ/レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー [DVD]






ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]




ストーンズ〜L.A. フォーラム〜ライヴ・イン 1975【初回限定盤DVD 2CD/日本語字幕付】






ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ドキュメンタリー クロスファイアー・ハリケーン 日本限定盤 US盤ボーナス7曲追加ヴァージョン【初回数量限定生産2,000セット/Blu-ray/日本語字幕付】




ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [Blu-ray]





■関連書籍

The Rolling Stones In the Beginning: With unseen images (English Edition)




トーキング・アバウト・ザ・ローリング・ストーンズ






The Rolling Stones All the Songs: The Story Behind Every Track (English Edition)




2000 Lightyears from Home: Eine Zeitreise mit den Rolling Stones (German Edition)






The Rolling Stones Before They Became The Stones: The Lives and Music of the Original Rolling Stones (English Edition)




Let It Bleed: The Rolling Stones, Altamont, and the End of the Sixties (English Edition)






CROSSBEAT Special Edition ザ・ローリング・ストーンズ (シンコー・ミュージックMOOK)




ローリングストーンズベスト曲集 (コピー&タブ譜)






洋書バンドスコア ローリングストーンズベスト 〜ホットロックスセレクション




Rolling Stones -- Singles Collection* The London Years: Guitar/TAB/Vocal (GTE) by The Rolling Stones(1991-03-01)






ローリングストーンズ詩集




ローリング・ストーンズ全曲制覇






バンドスコア/ベストオブローリングストーンズ (バンド・スコア)




バンド・スコア ローリング・ストーンズ・ベスト






The Rolling Stones Color By Number: Amazing Book For Coloring Lovers With Fun, Easy And Relaxing Coloring Pages To Unleash Your Artistic Potential With Legend Rock Band “The Rolling Stones”




The Rolling Stones (Music)



posted by autmaticmode at 00:46 | TrackBack(0) | The Rolling Stones | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする