ロックって必要なのか!?

ものすごい、そもそもの話、ロックって必要なのか!?

どっかのレコード店で、「ノーミュージック、ノーライフ」とかなんとか見たことがあるが、
キャッチフレーズとしては非常に優れていると思う。




しかし・・・ぶっちゃけ、ロックミュージックが無くなっても生活は出来る。
ロックとか言われている音楽ジャンルは、せいぜい70年位の歴史だろう。









つまり、100年前はロックは存在していないが、普通に人は生活していたはずだ。








その地域に伝わる民族音楽(土着の音楽)、楽器演奏、踊り、民族音楽、クラシック、教会音楽(宗教音楽)とかはあったと思う。

























でも元々は、現代ほどは商業的ではなかったと思うんだよね。
金儲け目的・・・ではなかったんじゃないかな。
(クラシックは、1800年代以降は段々とそうなってきたかもしれないが、基本的には国王とか貴族がパトロンにいて生活していた)









では、音楽がなくても生活ができるのか。
多分、問題ないだろう。

音楽が無くても、音がないのは困る。

生活の中で音を聴くによって、様々な判断・行動をしているよね。









でも、知る限り多くの文化でも音楽が存在している。
音楽は、生活するのに必須ではないが、あった方が楽しい!!



ロックを聴くと楽しい、生活に潤いを与える。
勇気をくれる。癒しをくれる。









突き詰めていくとそういう事かな。







posted by autmaticmode at 21:34 | ロックって必要? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする